今、音楽業界で話題の「4スタンス」セミナーに行ってみた

今 フルート吹きの間で話題の
4スタンス理論のセミナーに行ってきました!✨

「4スタンス理論ってなんだ?」という方にも参考になるように

意識して書きましたので、よろしければ最後までご覧ください(笑)

「へー、こんなのがあるのか」と思っていただければ幸いです!

 

4スタンス理論とは?

まずは「4スタンス理論って何なんだ?」というところです。

ヒトの身体の動かし方は、みな同じではない! ヒトの身体特性は4種類存在するのです。 これは、血液型が何種類かあり、人それぞれ生まれつき決まった血液型を持っている、ということと同じで、ヒトは誰でも4つのタイプに分かれているのです。 それぞれタイプによって、おなじ立つ、座る、歩くといった行為でも、厳密にみると身体の形、動かす各部位の順序などが異なっています。 これを整理して解説するのが「4スタンス理論」です。レッシュ・プロジェクトHPより

 

野球やゴルフなどのスポーツ界では随分前からこの理論を取り入れた上で

様々なトレーニングをしていたそう。


出典:Javelin throw

上の図に「かかと」や「内側」「外側」などと書かれていますが

この足の重心が「かかとorつま先」「内側or外側」 なのか

さらに「クロスorパラレル」

というところからA1、A2、B1、B2 という4種類にタイプ分けをしているのです。
出典:トライアスロン解体新書運営日誌

 

この理論が最近、フルートの演奏上でも重要なのではないか?ということが広まり、判定に行くフルーティストが急増しているのです。

(ちなみに、フルーティストの間で特に話題ではありますが、これはどの楽器にも有効だと私は思います☺理由は後程。)

 

そうそう、先ほどから判定、判定と述べていますが、
実はこの4つのタイプへの分類は、きちんと資格を持った人でないと判定してはいけないのです。

出典:NAMS出版プロジェクト

一応、ネットや本では「自己チェック法」なども載っていますが、

自己判断は80%の確率で間違うのだとか!

(自己判断は怖いですが、自己チェック気になる方は

こちらの記事に載っていますので参考にしてみてください。)

 

そんなこんなで、今話題の4スタンス理論、

私も一度プロの人に見てもらおうと思い、セミナーに参加してみたのです!

 

最初にお詫び申し上げますが…

セミナー内でやったことを詳しくレポートしたい気持ちもあります。
でも、記事の内容を参考にしたせいで間違ったトレーニングや身体の使い方をされると大変なのです!

上でも述べたとおり、これはプロじゃないと語れない理論なのです。

私は資格も何もないただの受講者なので

「コレがこうだからこうらしいです!」と書いてしまうのは危険ですので(;^^)

 

ここでは「どんな人達が来て、どんなセミナーが行われたのか」だけを大雑把に書きたいと思います!

 

実際、私が受ける前「どんなことをするセミナーなのか」の想像がつかずちょっと不安だったので、同じことを思っている人の参考になれば…というのが目的の記事です☺

タイプチェックについて気になる方は最後にリンクも載せるのでそちらをご覧いただき、きちんと判定してもらいに行ってくださいね!

 

セミナー当日のお話

私は大阪で日曜に行われたセミナーに参加しました🎵

午前の部は9:30〜12:00
午後の部は13:00〜15:00

二部に分かれていて、午前は基礎編、午後は応用編
という感じです。

持ち物はヨガマットもしくはバスタオル

服装はジャージの人が大半でした。

私はジャージを持っていないのでハイネックとスキニーで参加(笑)

屈んだりするので気になる人はVネックは避けた方が無難かと思います(^^;)

 

ちなみに今回の受講者は、全員で20人程度でした。

フルート吹きが5名ほどと、

あとはゴルフ、野球、事務仕事‥‥と様々でした。
(ほとんどがゴルフか野球っぽかったです)

今回のセミナーのように大人数だと色んなタイプの人を見れるので、おもしろいです(^ ^)

人数が多くても、先生方が一人一人に目を配ってくれるので安心です☺

 

 

さて、1日の流れですが…

この日は9時から受付で、到着した人からタイプチェックをしてもらいます。

こんな感じで(写真がなく絵です‥‥ご了承ください笑)

トレーナーが何人かいるので、何人か同時にチェックされていました

足とか手とか首とか、まぁ色々身体の部分をゆすったりさわったりして判定されます!

私はタイプが顕著に表れていたのか?
一つ目のチェックで「あ、もうわかりました」と言われました(笑)

自分で予想していたタイプと合ってましたよ!

逆に、すごく判断に時間がかかっている方もいました!

長年の身体の癖があったりすると、判断も難しいみたいです。

そんな感じで一番初めにタイプチェックをして、

次にタイプ関係なく全員に共通する事を教えていただき、その後それぞれタイプの特徴を意識しながら
・軸を意識する、
・それができた上で立つ、座るの行為ができるように‥‥

みたいな所が大雑把にに言えば午前中やったことです(笑)

 

そして1時間の休憩を挟んで🍙

午後は主に、軸を整えるトレーニング、ストレッチの方法を教えてもらいました。

各項目ごとに、誰か一人、前に出て実践しながらの説明だったのでとても分かりやすかったです!

私は割と、言われたことがすぐできるタイプではなく‥‥

先生の見本を見るも、「これであってるの?」と不安でしたが

何人かトレーナーがいて、受講者のことを見てくれているので、おかしければすぐ声をかけてくれます。

最初は私も体に変な癖があり、タイプに合った正しい姿勢ができていなかったので

「これやってみて」と言われても出来ないことが多かったのですが

体を整えるトレーニングをしていくうちに、言われた通りの動きができるようになっていきました!

かなり難しい動作もしましたが、最後の方には「ほとんどの人ができている」

と言われていました。

体が正しい位置にセッティングされるとこんなにも自由に動けるんだ

と、感動しました✨

みっちり2時間、結構動いたのでセミナーが終わる頃には結構はぁはぁ言ってました(笑)

ストレッチ自体は家で一人でもできる内容なので続けたいと思います☺

 

まとめ。セミナーを受けて…

4スタンスの噂は色んなところで聞いていて、タイプによって楽に吹ける姿勢が全然違うと知っていたので早く自分のタイプが知りたくてたまらなかったのです。

今回はきちんとプロに判定してもらい、タイプが分かったのですっきりです!

ちなみに私はB2ですw

帰宅し、早速フルートの練習を。

セミナーで教えてもらった「B2の人が意識するといい事」を思い出しながら吹いてみると…

一番感じたのは指が前よりまわりやすい!です。

他にも練習中、色んな姿勢を試しているうちに「あ、いまめっちゃ音鳴った」と感じる瞬間がありました。

きっとその瞬間は体が正しい位置に来ている瞬間なのでしょうね。

何より一番、「受けてよかった」と思えるのは

迷いがなくなったこと です。

 

いつも練習では「もっと背筋伸ばすべき?丸めるべき?」

「もっと指立てた方がいいのかな?」

とにかく試行錯誤…(それも大事ですが)迷いながらでした。

ですが、もう自分が「どっちの方がスムーズに吹けるのか」がわかるので安心して練習できます☺いつも悩みまくりの自分にとって、そこがクリアになるのは本当にうれしい🎵

 

私も含め、小さいころから「正しい姿勢=背筋がピシっと伸びた姿勢」という教育をされてきた人が多いと思います。

 

けど、この理論を知ると正しい姿勢の概念がガラっと変わります

このそれぞれのタイプに合う姿勢になると、ラクに息がたくさん吸えたり、使えたり、ラクに腕や指を使えたり…。最小限のチカラで最大限の効果を発揮できるといったところでしょうか。

そういう意味で、フルートだけでなくピアノでもトランペットでもクラリネットでも絶対有効だと思います✨

もっといえば、全然音楽には関係ないですが「素早くキュウリの薄切りができる包丁の持ち方」とかも4スタンス理論を活用できるかと…(笑)

 

 

セミナーの申し込み方法

こちらのホームページに開催情報が随時アップされています。

一般社団法人 レッシュ・プロジェクトHP

東京と九州でしか受けられないと思っている方が多いみたいですが

関西では結構色んなところでやってるみたいですね!

申し込み方法や支払については、各日程により異なるみたいです。

気になる日程のリンクにアクセスしてみてくださいね🎵

 

 

 

 

 

4スタンスセミナー受講日記、いかがでしたでしょうか。(笑)

その時に指導される方によって、順序や内容が違うかもしれないので

あくまでもこの記事内容は参考程度にしかならないと思いますが…m(_ _)m

本当に、もっとこの理論を早く知りたかったー!と心底思います( ノД`)

でも今知れたので、有効活用したいと思います!

私と同じB2の方は情報交換しましょう(^-^)笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。